情報セキュリティ基本方針

当社は労働者が安心して働ける環境構築に貢献することを使命としています。
その使命に則った企業活動を実施するにあたり、当社固有の情報を活用するとともに、顧客から情報をお預かりしています。
これら情報資産を外部の脅威から保護し、適切に取り扱うことは経営上の重要課題であるとの認識に立ち、以下の基本方針を宣言いたします。
  • 当社が取り扱う情報資産は、適切な保護対策を講じて漏洩、改ざん、破壊などから保護することが、お客様の満足と当社の発展に不可欠であることを認識します。
    当社は、個人情報保護法その他の法令等を遵守し、個人情報を適正に取扱います。
  • 経営陣を含む当社全社の従業員に情報セキュリティの重要性を認識させて、情報及び情報システムの適切な利用を行うように周知徹底を図ります。
  • 情報セキュリティポリシーに基づいた内部規程を整備し、個人情報だけではなく、情報資産全般の取り扱いについて明確な方針を示すとともに、情報漏えい等に対しては、厳しい態度で臨むことを社内外に周知徹底します。
  • 当社は、セキュリティポリシーの遵守状況などを点検・評価するために、組織体制を整備し運営し、客観的な視点からの財部監査を実施して、セキュリティの確保と情報セキュリティ・マネジメントシステムの改善に努めます。
  • 業務委託契約を締結する際には、業務委託先としての適格性を十分に審査し、当社と同等以上のセキュリティレベルを維持するよう要請していきます。また、これらのセキュリティレベルが適切に維持されていることを確認し続けていくために、業務委託先を継続的に見直し、契約の強化に努めます。



2018年3月18日
代表取締役 久保田 俊輔